老婆100's <青春>

物語いろいろ、人生道草

コロナ禍の師走

街はイルミネーションを飾りクリスマスを迎える準備が進められている。

日常が様変わりした年が終わろうとしている。

高齢者の自粛で年末年始の旅行を取りやめる友人もいる。
少数での会食、マスクのうえでの会話、祝い事は声を控えめに歓喜する、などうつさない、うつらないなど奥ゆかしい行動を自然にとれる日本人気質は自慢できる。
老婆を気遣っているため、孫たちの顔を見る機会が大幅に減って寂しい限りだ。
仕方ないので、グラス1杯の赤ワインと、カマンベールチーズを賞味しながら親戚LINEに「メリークリスマス!」を送ろう。

大晦日は、日本酒の熱燗と刺身で紅白歌合戦を楽しみ除夜の鐘をききながら、みんなに「新年おめでとう!」とLINEしよう、と考えた。

f:id:roba100:20201208174557j:plain