老婆100's <青春>

物語いろいろ、人生道草

平日のレストラン

昨日は長引くコロナ自粛に気が滅入って、外食を楽しみたいと無性に思った。

ウイークデーの夕方の時間なら空いているかもしれないと思いレストランの様子を伺った。
案の定お客様は疎らなので、早めの夕食をとることにした。窓際の席を希望したら気持ちよく案内してもらえた。ひとりで会話も無い食事なので、せめて贅沢な気分で赤ワインと、タンパク質補充でお肉料理を奮発した。

窓からは、東から西へと日が暮れていく空模様と、明かりが灯り始めた街並みを一望できる。静かな空間で食事を嗜み気持ちが和んだ。

土日とは打って変わって、平日のレストランは閑散としていた。コロナの影響なのだろうか、気の毒な気がした。
クリスマスイブ、ほろ酔い気分で自粛中の孫たちへのプレゼントを届けた。

f:id:roba100:20201225172141j:plain