老婆100's <青春>

物語いろいろ、人生道草

早朝の混雑

在宅勤務を実施しているが、業務を回すのに週2日はどうしても出勤が必要となる。

今日は多忙なスケジュールのため、早めの時差出勤で6時早々の電車で行こうと考えた。ところがホームは乗り込む人達で埋まり、到着した電車の残り少ない空席を奪い合う状態だった。

通勤する人達は、コロナ禍の時差出勤を、早いか、遅いかで選択しているのだろう。考え方は同じだと思われた。老婆なので混雑も予測して、布マスクの上に不織布マスクを重ねマフラーで顔を埋めて電車に揺られた。

普段は会食を伴う来客に、こんな時期なのでテイクアウト食で勘弁してもらった。

通りでカラスが、誰が与えたのか容器入の食べ物を密にならずに啄んでいた。

f:id:roba100:20210112202543j:plain