老婆100's <青春>

物語いろいろ、人生道草

-芒-34.懐かしいお父さん

きいるん(基隆)港は、日本統治時、小さな漁村だった。明治33年に築港が計画され、治水事業、橋梁建設、湾口に向けて、平行・垂直に道路も整備され、美しい街並み、商店が立ち並び台湾随一の景観を誇った。(軍事要塞でもあり戦時中空襲の的となり破壊されることになる)

そのような、きいるん港を後にして、キヨは船中で台湾での生活を懐かしんだ。

税関長夫婦の思いやり、出入りする人達との触れあい、楽しかった事、ときめいた事等を通して生きている喜びを知った。奥様が洋服を作ってくれたこと。見たこ事も食べた事も無い洋菓子を部屋に届けてくれたこと。色々な場面を思い浮かべ目頭が熱くなったりした。

一方、これから向かう内地で、長く離れていた父親との生活がどのようなものか、千恵も含めて仕事は見つかるのか、不安がよぎって落ち着かなかった。

十五年間会っていない父親が港で出迎えていた。キヨも千恵も父親を認識するのに時間はかからなかった。眉が太く、目の大きな懐かしい父親がいた。髪は白髪が混じり、ずんぐりむっくりとしている。大人になった娘に戸惑っている風だった。

「苦労かけたな」とポツリ父親は言った。父子はしばらく涙で言葉が続かなかつた。

汽車に乗り、降りた駅で、父は食堂に連れて行き、素うどんを食べさせた。積る話があるのにお互いを労わり三人とも無口だった。父の住んでいる長屋へ着いたのは夜更けとなっていた。キヨと千恵は、用意してくれていた布団で一緒に寝た。

父子三人、六畳一間の生活が始まった。

続く・・・

 

f:id:roba100:20210208014422p:plain